Local by Flywheelで「このページを表示できません」とでたときの対処方法

local-by-flywheel-trouble-shooting

先日新しいパソコンを買いましてルンルン気分のまきこです。

さっそく今話題?のLocal by Flywheelを使って、WordPressのローカル環境を構築しました。特に問題なくインストールを終えるだろうと思っていたのですが、つまづきました。やっぱりなにかするたびに何かしらでつまづきます、私。

きっと同じところでつまづいている方がいると思い、解決までの手順をご紹介します。

Local by Flywheelのインストール方法については、グーグルで検索するといっぱい出てくるので色んなサイトを参考にしてみてください。ここでは、うまくインストールできない方、きっと同じところでつまづいているはずの方のためにご説明します。

つまいたところ

私がつまづいたところは、Local by Flywheelをインストールし、サイトの設定を終えた後です。

設定できたサイトをまずブラウザで確認しようと、下記のような画面でVIEW SITEボタンをクリックしたときに、

Lobal by FlywheelでVIEW SITEボタンをクリックしたとき

「このページを表示できません」と表示されました。

このページを表示できませんと表示された

「なんで~」と思い、試しに同じ画面のADMINボタンを押したり、DATABASEタブにあるADMINERボタンを押してみたり、VIEW SITEボタンを何回か押しても、結果は「このページを表示できません」というエラーでした。

エラー解決までの手順

私が使っていたブラウザは、Microsoft Edgeです。まさかブラウザが原因?と思い、試しにMicrosoft Edgeに表示されているURLをコピーし、Chromeで開いてみました。

なんと、ChromeではちゃんとデフォルトテーマのTwenty Seventeenが表示されるのです。

ChromeだとTwenty Seventeenが開けた

ブラウザによって挙動が違うのはなぜなのか、わからないのですが。

「このページを表示できません」というエラーは、ブラウザを変えると解決しました。

開くブラウザをChromeに設定する方法

毎回ブラウザを切り替えるのはとってもめんどうなので、Local by Flywheelの画面からでもChromeにとぶように変更してみます。

※私の環境はwindows10です。環境が異なる場合は手順が違うかもしれません。

まず、左下の検索マークをクリックしたあと既定のアプリの設定と入力します。

検索結果にシステム設定の既定のアプリの設定が表示されるので、Windowsのシステム設定項目「既定のアプリの設定」を開きます。

Windowsのシステム設定項目「既定のアプリの設定」を開く

次に、

規定のアプリという画面が表示されるので、Microsoft Edgeをクリックしてから、別のブラウザー(ここではGoogle Chrome)を選びます。

規定のアプリという設定画面からChromeを選ぶ

以上の手順で、Local by Flywheelから開くブラウザはChromeになります。

参考までに

まだなにかしらのエラーが出ているという方は、hostsファイルを確認すると良いかもしれません。

参考までに、私のhostsファイルの内容を掲載しておきます。

 
# localhost name resolution is handled within DNS itself. 
# 127.0.0.1 localhost # ::1 localhost 
## Local by Flywheel - Start 
## 192.168.95.100 testplugin.local 
#Local Site 192.168.95.100 www.testplugin.local 
#Local Site 
## Local by Flywheel - End ##

hostsファイルの修正は、

C:\Windows\System32\drivers\etc

のファイル名hostsで行えますので、確認してみてください。バックアップをお忘れなく!

まとめ

Local by Flywheelで「このページを表示できません」というエラーは、ブラウザを変えてみると解決したというお話でした。